ましも さだお

真下 定夫

真下 定夫 (85歳)は1956年から1956年にかけて活躍した元国鉄所属のプロ野球選手です。 投打は右投右打で、守備位置は主に投手、日本球界初出場は1956年で当時22歳でした。 同年代には服部(元大洋)鈴木(元中日)がいます。

生年月日 1934年3月22日 (85)
身長 / 体重 174cm / 64kg
ポジション 投手
活躍時期 1956〜1956
所属履歴 国鉄スワローズ

所属球団のリーグ順位推移

年度別順位
年度 球団 順位 チーム数
年度 球団 順位 チーム数
1956 国鉄スワローズ 4位 全6チーム

ピッチング戦績

年度 球団 試合 投球回 防御率 勝利 敗北 完封 奪三振
1956 国鉄スワローズ 1 2 .000 0 0 0 0

バッティング戦績

年度 球団 試合 打席 打率 安打 本塁打 打点
1956 国鉄スワローズ 1 1 1.000 1 0 0

過去の成績からのシーズン投手成績ランキング

# 1956年

参考データが少ないのでランキングにしていません

# 1956年

1956年総合ホールド数ランキング [196人]

順位 名前 ホールド
109位 紀藤 広光 2
109位 栄屋 悦男 2
109位 真下 定夫 2
109位 寺島 達 2
109位 田頭 光男 2

1956年総合試合数ランキング [196人]

順位 名前 試合
177位 本多 逸郎 1
177位 添島 時人 1
177位 真下 定夫 1
177位 鵜狩 道旺 1
177位 田中 久寿男 1

過去の成績からのシーズン打撃成績ランキング

※規定打席に合わせていませんので、ポテンシャルとしてみてください。
出場数が極端に少ないものは除外しています。

# 1956年

参考データが少ないのでランキングにしていません

# 1956年

参考データが少ないのでランキングにしていません