中村バッテリーコーチ決意、打てなくてもいい 勝てる捕手育てる ともに仙に鍛え上げられた与田監督のため

中日スポーツ 配信日: 2018年10月31日 07時02分

 「勝てる捕手」になれ-。7年ぶりの中日復帰が決まった中村武志1軍バッテリーコーチ(51)が30日、中日スポーツの取材に応じた。かつて“扇の要”として竜の屋台骨を支えた男が理想に掲げるのは「良い捕手」ではなく「勝てる捕手」。古巣が長年抱えてきた正捕手問題の解決に取り組む決意を示した。 (構成・井上学) 2012年以来の中日復帰。中村コーチにとっては、いつでも「ドラゴンズ」という言葉の響きは特別なものだ。 中村「中日に戻れるというのは、僕にとって一番だし、最高のこと。育ててもらったし、特別なチームだし、与田さんが監督をされる。これ以上ないことですよ」 正捕手問題は低迷の象徴でもある。中村、谷繁という両巨頭がマスクをかぶった四半世紀の歴史が終わり、後継者は定まっていない。 「(正捕手なら)最低100試合は先発で出ないといけない。ある程度は、自分のチームのことも相手のチームのことも分かっている状態じゃないと。ただ、すぐにレギュラーをつくるというのは難しいのかもしれない。2人ぐらいで上手に回すということも考える」 現役時代には猛練習で鍛えられ、正捕手を長年にわたって務めた。経験も踏まえ、育成法には1つの考えがある。 「捕手を育てようと思ったら、フロントも現場も我慢して使わないと育たない。我慢して使うには、(選手に対して)何か感じるものがないとできない。今の中日の捕手にそれがあるのか、ということが問題ではないのかな」 今年の出場試合数では松井雅の92試合が最多。現状では正捕手に一番近い位置にはいる。ただ、来季は新たな首脳陣が再評価することになる。 「与田監督も、伊東ヘッドも、僕も、新しい…

本文を読む

反応

SNS 1
0
1
DeNA

広島

中日

オリックス

楽天

日本ハム

巨人

ソフトバンク

西武

ロッテ

ヤクルト

阪神

新着記事

ランキング

セ・リーグ 順位表

チーム
巨人 83 50 32 1 .610
DeNA 85 41 42 2 .494
中日 83 40 43 0 .482
阪神 87 39 44 4 .470
広島 87 39 45 3 .464
ヤクルト 87 35 50 2 .412

パ・リーグ 順位表

チーム
ソフトバンク 87 48 35 4 .578
日本ハム 87 44 39 4 .530
西武 85 43 41 1 .512
楽天 85 42 41 2 .506
ロッテ 84 40 42 2 .488
オリックス 86 37 44 5 .457

オープン戦 順位表

チーム
広島 16 8 4 4 .667
ソフトバンク 15 9 5 1 .643
楽天 14 7 4 3 .636
巨人 16 10 6 0 .625
オリックス 17 9 6 2 .600
ロッテ 14 6 7 1 .462
DeNA 17 6 7 4 .462
ヤクルト 17 7 9 1 .438
中日 19 7 9 3 .438
西武 15 6 8 1 .429
阪神 17 5 11 1 .313
日本ハム 13 3 7 3 .300