ペアで火花 根尾・京田が遊撃バトル 春季キャンプ奈良原コーチプラン

中日スポーツ 配信日: 2019年01月14日 07時02分

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=ら新入団選手6人が13日、ナゴヤ球場での合同自主トレーニングを打ち上げた。視察に訪れた奈良原浩内野守備走塁コーチ(50)は、ノックでの根尾のフットワークを絶賛。さらに2月1日から始まる春季キャンプで、遊撃のポジションを争う京田陽太内野手(24)とキャッチボールや特守を同組でさせる考えを明かした。 競え-。これが改めて発せられた奈良原コーチからのメッセージ。ドラフト後から注目を集めてきた根尾と京田の遊撃バトル。1つしかないイスを争う2人へ、春季キャンプの方針を打ち出した。 「できるだけ競争する人同士で組ませたいですね。キャッチボールとか守備練習とか、ペアにすることを考えてます」 互いの競争心をかき立てるのにはもってこいの方法だろう。奈良原コーチは根尾について「先輩の動きを見られるし、(京田は)刺激を受けるだろうしね」。さらに効果は2人だけにとどまらない。根尾、京田のどちらかが別のポジションに回れば、昨季規定打席に到達した高橋、福田ですら定位置を失う可能性もある。 競争を促す存在として期待するのも、根尾の可能性を目の当たりにしたからこそだ。この日、初めて新人選手を視察。球場隣の屋内練習場での内野ノックをじっと観察した。「足さばきがうまい。高卒野手ではなかなかいない。あれは教えようとしても教えられるものじゃない」と驚いた。さらに50メートル以上の距離でもボールが垂れることなく真っすぐに届く強肩にもほれぼれ。「楽しみですね。けがだけはしないように気をつけてほしいですけど」と期待を寄せた。 奈良原コーチの案に対し、根尾が「2年間の経…

本文を読む

反応

SNS 0
0
0
DeNA

広島

中日

オリックス

楽天

日本ハム

巨人

ソフトバンク

西武

ロッテ

ヤクルト

阪神

新着記事

ランキング

セ・リーグ 順位表

チーム
阪神 138 64 68 6 .485
ヤクルト 139 57 80 2 .416
巨人 139 75 62 2 .547
DeNA 140 70 67 3 .511
広島 141 69 69 3 .500

パ・リーグ 順位表

チーム
西武 139 78 60 1 .565
ソフトバンク 138 74 60 4 .552
楽天 139 68 67 4 .504
ロッテ 140 67 69 4 .493
日本ハム 138 63 70 5 .474
オリックス 136 59 71 6 .454

オープン戦 順位表

チーム
広島 16 8 4 4 .667
ソフトバンク 15 9 5 1 .643
楽天 14 7 4 3 .636
巨人 16 10 6 0 .625
オリックス 17 9 6 2 .600
ロッテ 14 6 7 1 .462
DeNA 17 6 7 4 .462
ヤクルト 17 7 9 1 .438
中日 19 7 9 3 .438
西武 15 6 8 1 .429
阪神 17 5 11 1 .313
日本ハム 13 3 7 3 .300